「日本語 ⇒ 多言語」と「英語 ⇒ 多言語」の両方に強い技術翻訳会社   

技術翻訳 ジェスコーポレーション

JESの翻訳サービス 品質管理


ミスは限りなくゼロへ! 万全の品質管理

厳選された優秀な翻訳者やネイティブチェッカーであっても、やはりノーミスという訳にはいきません。

しかしながら、その後の工程で2人のプロフェッショナルチェッカーが別々にチェックを行うことにより、ミスを限りなくゼロへ近づけることができます。

ワークフロー概略図 (日英翻訳の場合)

(注)英語ネイティブチェックはオプションとなります。また、翻訳者が英語ネイティブの場合、上記の英語ネイティブチェックは省略されます。
フローチャートの詳細はこちら


1次翻訳チェックでは、「数値・記号」、「訳抜け」、「スタイルガイド違反」、「用語統一」をチェックし、翻訳内容に疑問がある場合には、コメントを残し、2次チェックへ廻します。

2次翻訳チェックでは、「翻訳者やネイティブチェッカーからあがってきた質問事項」や「1次チェックのコメント」を中心に問題点を解決していきます。そして解決できずに残った疑問点は「翻訳連絡票」に記載し、納品時にご提出いたします。

さらに、2次翻訳チェックでは「誤訳がないか」、「技術用語が正しく使われているか」、「わかりやすい表現となっているか」などもチェックし、翻訳者へのフィードバックも行っています。

必要があればお客様へ直接お問い合わせをしますが、自分達で解決できるところはできるだけ解決するよう努力し、必要最小限のことだけをお聞きしています。

ジェスコーポレーションは、翻訳プロフェッショナルとしての誇りを持ち、常に万全の態勢で品質管理に臨んでいます。


フローチャート詳細(日本語から英語の場合)


お引き合いからご発注まで
工   程

工程内容  or  備 考

ご要望内容の確認 ご希望納期の確認
翻訳対象の確認(ファイル数、原稿数、翻訳範囲等)
仕様の確認(ソフトウェア、レイアウト、画面の取り扱い等)
用語集や参考資料、その他特記事項の有無
翻訳数量の把握 翻訳不要部分の削除
カウントツールを使って文字数(ワード数)を算出
テキストとして抽出できない箇所は、手動で別途カウント
納期の検討 翻訳内容を考慮し、最適な翻訳者候補を選定
翻訳者間のスケジュールの調整
納期の微調整や分納の可能性を検討
     *ここまでの一連の工程は、正確な「納期とお見積金額」算定のために必要不可欠となります。
お見積書の作成 価格算出に関する詳細は、「JESの翻訳 料金表」をご参照ください。
トライアル翻訳 初めてのお客様の場合には、
無料のトライアル翻訳(試し訳)もお受けしております。
ご発注(お客様) FAXかメールにてご発注ください。


ご発注後から納品まで
工   程

工程内容  or  備考

下調べ お借りした参考資料やJESの過去の資料等を調べながら、
最も効率的な翻訳方法を選定
翻訳指示書の作成(文体、表現、仕様などを規定)
編集 差分編集を行い修正一覧表を作成(改版の場合)
参考資料から引用できそうな文章、文体、用語などを選ぶ
用語集の作成 お客様ご指定の用語集がない場合には、オプションにて弊社で作成いたします。

画面データの
原文への貼り付け
ご支給いただいた画面ショットを確認後該当箇所へ貼り付け
お客様チェック 指定用語、指定表現などのチェックをしていただきます(ご要望がなければ、省くことは可能です)。
翻 訳 各専門分野に精通した翻訳者を厳選し、処理能力に応じて配分
ネイティブチェック 、ネイティブによる文章のブラッシュアップ(オプション)
第1次チェック 数値・記号の間違い、翻訳抜け、用語の統一、仕様をチェック
第2次チェック 誤訳、技術的整合性、読みやすさをチェックし、必要に応じてお客様へお問い合わせ
お問い合わせの時間がとれない場合には、「翻訳連絡票」に必要事項を記載し、納品物と一緒に納品
DTPファイナル チェック部分反映
ターゲット言語環境への対応
レイアウト、インデント、フォント等のフォーマッティング
プルーフリーディング レイアウトのチェック
最終文字チェック
PDF作成
最終検査 納品物確認
納 品 メール or 郵送 or 持参にて


納品後

工   程

工程内容  or  備考

ご検収 内容をご確認いただき、疑問点がある場合には、お気軽にお問い合わせください。
誠意を持ってご対応させていただくことをお約束いたします。
ご請求 郵送 or メール or 持参にて
納品後のフォロー 万が一翻訳内容に問題が発生した場合には、お気軽にお問い合わせください。
原則として納品後1年間は無料にて調査・修正を、責任を持って行わせていただきます。









 よくある質問


Q: 「(翻訳)編集」とは何ですか?
A: 「編集」という言葉の意味は各業界により異なります。また同じ翻訳業界でも会社によって意味が異なりますが、ジェスコーポレーションでは、主に「改版時の差分とり」のことを意味しています。



Q: ワークフローに出てくる「画面データの原文への貼り付け」とは何ですか?
A: ある機器の操作マニュアルなどを翻訳する場合、画面ショット(スクリーンショット)がマニュアル内に多数出現することがしばしばあります。たとえば日本語から中国語への翻訳の場合であれば、対象機器のUI用語をお客様の方で事前に中国語へ翻訳し、機器のシステムに組み込んでおく必要があります。



Q: UI用語の翻訳もできますか?
A: はい、もちろん多数の経験がございます。対象となるUI用語の一覧をデータでいただければ、対応する訳文を原文の脇に付けて納品いたします。その場合参考資料としてマニュアルも同時に貸与いただくことにより、より正確な翻訳が可能となります。



Q: 少量翻訳も大量翻訳も工程は同じですか?
A: 一つのプロジェクトを複数の翻訳者に分ける必要がある場合には、事前に内容を確認したうえで、用語集を作成したり、文体や表現のサンプルを作成したりすることにより統一をとっています。また大量文書の場合には、CATツールを用いて用語統一を図るだけでなく、リードトランスレータによる良質の翻訳メモリを最初に作成してから、他の翻訳者へアサインする、というような仕事の進め方もしています。



Q: ネイティブチェックはしてもらえますか?
A: ご希望によってターゲット言語のネイティブによるネイティブチェック工程を入れることも可能です。